洗車機名称 フレア(FL7000)
洗車可能寸法 長さ5000mm・高さ2300・幅2300まで
洗車コース 全44コースから10コース選択(オプションを含む)
車形認識システム シェイプナビ4
238軸-16段階検知=3808軸相当
(車形・装備品自動認識)
洗浄素材 マシェル32(ウレタン素材)
またはソフトロール(不織布)
トップロール 垂直昇降方式
サイドロール 電動開閉
ロッカーロール アーム式
トップノズル 車体無接触垂直昇降式
サイドノズル 固定式
オプション Gプロテクト
ビーナスガード
エステコート
DUフレッシュ
MDクリーマーシステム
高圧トップ&サイドハイチルトプレッシャー
スニーカーウォッシュ
Wアクションコーティングシステム
チルトトップノズルシステム
寒冷地仕様 他
フレア(FL7000)について
2014年秋から発売されたフルーサービス洗車機の最上位機。

従来の洗車機では苦手としていたリヤスポイラー裏側の洗い残し解消する分割ブラシ「タブルアクションブラシI.B.S」と238軸センサーに16段階検知で3808軸に相当する「シェイピナビ4」の搭載、 1往復洗車が最速85秒で完了できるのが特徴の一台。

兄弟機にタブルアクションブラシI.B.Sやシェイプナビ4を搭載しないグロッサ(GR6000)がある。
フレア(FL7000)動画
利用車種・スズキスイフトRS

選択コース・エステコート

洗浄素材・ソフトロール(不織布)

装着オプション・4輪スペースジャック

装着オプション・タイヤブラシ

フレア(FL7000)写真集 
★外観。洗車機本体に身体や周辺環境に悪影響を及ぼす鉛を含まない環境対応塗料を採用。標準は真紅のボディカラー。
ここでメインに紹介するのはレール短縮装置「4輪スペースジャック」、ハイブリットポリマー「エステコート」を搭載。



★操作パネル。全44コースから10コース選択(オプションを含む)することが可能。
シェイプナビ搭載機なので操作パネルの装備品選択ボタンはシンプルなもの。下にはさらに細かく選択できる装備品ボタンも。


★画像の機種は不織布「Newソフトロール」を搭載。

従来の洗車機では苦手としていた「リヤスポイラー裏側の洗い残し」を解消するタブルアクションブラシI.B.Sを搭載。
いままでボディ側面に対しての傾斜機能をリヤ部でも傾斜させ、 さらに分割した上部のブラシは直径を拡大したことにより、リヤスポイヤーの裏側へ確実にブラシを届かせて洗浄する機構。

さらに左右ブラシで分割の高さをかえることにより、ミニバンからステーションワゴンまで車の高さに合わせて使い分けることでリヤワイパー部分も安全に洗浄が可能。

傾斜&分割サイドブラシは従来と比較して直径を850mmから980mmに拡大されている。


★タブルアクションブラシI.B.S稼働シーンを動画で見る


★乾燥装置。
水滴を重力に逆らわず上から下へ吹き降ろして、リヤ部分の乾燥効率をあげたベストドライシステムを採用。
トップノズル本体の昇降の制御は昇降する部分の基部にある専用センサーで行われています。

サイドはスライドしない固定式のサイドノズルを搭載。

オプションで、ミニバンなどのリヤ部分の乾燥効率を上げる首振り機構「チルトトップノズルシステム」、
0mmから300mmの間で伸縮する「スライドリアルアクションサイドノズル」などが用意されています。

撮影 南極ゴリラ氏