名称及び型式 ビックトップ・エクストラ
洗車システム 移動式洗車機
洗車可能寸法 車高2.0M1.9M
洗車コース 6コース
1.ビッククリーン、 2.トップクリーン、 3.セレクトクリーン、
4.ビックワックス、 5.トップワックス、 6.スーパーエクストラ、
洗浄素材 ポリエチレンブラシ
車形認識システム 超音波センサー
トップブラシ スイングアーム(反転機構)
サイドブラシ  水平移動式
ロッカーブラシ  
トップドライヤー アーム昇降接触式
サイドドライヤー  固定式
オプション  


Impression



MK精工株式会社の第一号洗車機、ビックトップエクストラです。
後発メーカーにしては珍しく完成度の高い洗車機。 他社機をかなり研究して製作したのか、洗車システム・洗車工程は某メーカーの洗車機にかなり近い作りです。
コントロールパネルはフラットタッチ方式を採用し、当時の洗車機には珍しい液晶表示の対話画面が装備されています。

洗車コースのビッククリーン・トップクリーンは通常洗車、ビックワックス・トップワックスはワックス洗車です。 ビック・トップの違いは洗車速度で洗車工程は同じです。

セレクトクリーンは自由に洗車工程を設定出来るコースだと記憶しています(間違っていたらごめんなさい)。 スーパーエクストラは手洗いワックス洗車コースです。
洗車機に取り付けられている、形式プレートです。
トップノズルです。 トップノズルはエアーシリンダーによるアーム昇降方式です。 エアーシリンダーに圧縮空気が入りピストンを押し出すと上昇、空気が抜けると下降するシステムになっています。

画像のタイヤの部分は接触センサーです。 これに車体が接触するとノズルが上昇します。
サイドノズル、車幅異常検知装置、ロッカーブラシ、サイドブラシです。